トピックス


・2002年10月22日朝日新聞に掲載されました。


倶楽部ライフの楽しみを求めて、
-- それが倶楽部ライフの楽しさです。

   最近のゴルフ会員権の購入者に、うれしい傾向がでてきています。というのは、当社では30代後半から40代前半の方々のご購入が増加してきたことです。その背景には、バブル期には手の届かなかったゴルフ倶楽部の会員権も、200〜300万円ほどで購入できるようになったこともあるでしょう。しかしそれだけではなく、「倶楽部ライフを楽しみたい」という40代前後の方が増えてきたことの表れであると思います。
 そうした方々は一般的に、ゴルフ倶楽部を特定するのではなく、「どこがいいでしょうか?」とご相談されるケースが多く見られます。基本的な条件としては、予算やアクセス時間、母体企業がしっかりしていることがあげられます。私どもは、それらを検討し、お客様に満足頂けるゴルフ倶楽部をご紹介しています。つまり、アドバイザー的な役割も私たちの仕事なのです。
 そして、いくつか候補をあげ、必ず「視察プレー」に行って頂いています。やはり実際にプレーして頂きませんと、そのゴルフ倶楽部のよさはわかりませんし、どのような倶楽部ライフが楽しめるかを確認することも大切です。
 会員権を所有するということは 倶楽部ライフの楽しみを手に入れることです。そこには仕事を越えた新たな出合いがあります。ビジネスにつながることもあるでしょう。より充実した倶楽部ライフを送るためにも、アドバイザーとして私どもをぜひご活用ください。
 
 
(株)サンユウゴルフサービス
代表取締役 大武 啓子
 
     

 


・2000年2月1日朝日新聞に掲載されました。


新たな出会いが広がる
-- それが倶楽部ライフの楽しさです。

  「ビジターの料金が安いゴルフコースの会員権を探しているのですが・・・」
 私どものお客様でそういう方がいらっしゃいました。ご友人と一緒にゴルフを楽しむには、料金が高いとみんなに負担がかかると考えてのことです。しかし会員権を購入するということは、倶楽部ライフも手に入れることです。そこではゴルフを愛する方々との新たな出会いがあり、いろいろな世界の方々との交流が広がっていきます。実はそれこそが、会員になる大きなメリットなのです。
 お客様にそう申し上げると「確かにそうですね」と考え方を変えられました。
 実際、出会いを求めて会員権を購入されるお客様は数多くいらっしゃいます。定年を前に購入される方が多いのも、会社という組織を離れた後の出会いを求めてのことです。たとえ一人で初めて訪れても、倶楽部側では適切な同伴競技者を選んでくれるはずです。そして一緒にプレーし、食事を共にしていくと、ラウンドが終了する頃には新たな“友人”ができているでしょう。
 豊かな倶楽部ライフを楽しむためには、やはり自分に適した倶楽部を見つけることが大切です。それには「通いやすい立地条件にあるか」「経営の母体となっている企業が信頼できるか」を検討する必要があります。頻繁に利用するのですから交通アクセスは重要ですし、また優良企業が母体であれば施設・設備面でも経営的にも安心できます。そして私たち業者に何でもお気軽にご相談ください。
 
 
(株)サンユウゴルフサービス
代表取締役 大武 啓子
 
     
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-11-6-704
Tel:03(3243)0122(代表) Fax:03(3243)0155
Copyright(C)2002〜2008 Sanyugolfservice.Co.,ltd Allright Reserved